99年夏 沖縄旅行


この夏も去年同様、沖縄に行って来ました。お天気は曇り時々晴れで今ひとつでしたが、きれいな海で泳ぐことが出来て、満足して東京に帰りました。はじめて行った「水納島(みんなじま)」もなかなか良かったですよ。しかし、今回の旅行も、いろいろと大変でした。

その1:台風の影響  6月の段階で予約をしたときは、8月1日から4泊を予定していました。が、7月になって、父さんが仕事が忙しくてそんなに休めないかも・・・と言うので、そのツアーはキャンセルし、何とか8月2日から3泊のをおさえました。母さんはとても不満でしたが、そうはいってもしかたなく・・・。旅行10日前、例のごとく舞が夜中かけたエアコンでやられて、風邪にかかってしまいました。おまけにゼイゼイはじまり、気管支喘息になり・・・あーあ・・・。治るかなあ。(去年は子どもふたりとも体調を崩し、諒は旅行前夜まで熱を出していてキャンセルかと半分以上あきらめていました。)何とか調子よくなってきてよしよし、と思っていた前々夜、なんと沖縄に台風接近のニュース!!ええ〜、それはないでしょう!前夜には本島に上陸、あわててインターネットのJALのページにアクセスすると、8月1日は午前中から欠航!ガ、ガーンン。明日も飛行機飛ばないのかなあ。心配で夜通し台風情報をインターネットで見て「中型で並の強さの台風かあ、975ヘクトパスカルね、暴風圏の半径は・・・暴風圏がここにあったら飛ばないよなあ、え、強風圏てこんなにあるんだあ。」とすっかり見入って寝そびれました。それにしても便利な世の中になったもんですよね。自宅に居ながらにして、フライト情報などが見られるのですから。朝になり1便目は飛ぶのか飛ばないのかとてもやきもきしました。父さんが「あれ、臨時便出すみたいだぞ。ということは飛ぶつもりなんじゃないの。」というので、かすかな望みを持ってフライト結果を待っていると「やったあ。飛んでるよ〜。」ルンルンで羽田に向かいました。しかし、羽田に着き電光掲示板を見ると、「天候不良のため福岡空港に着陸の可能性あり」なんて書いてあるではないですか。それは困るよねえ、なんて思いましたが、結局のところ機長の腕が良かったのかあまり揺れもせず無事に那覇に到着したのでした。那覇はこの日暴風雨でしたが。父さんは「俺の仕事が忙しかったおかげで1日ずれて沖縄に行けたんだぞ。」と威張っていました。確かに最初の予定だったらツアーがキャンセルだったけど・・・。


その2:機内の幼児 行きのフライトでは、諒は離陸と同時に寝ていて静かで助かりました。が、帰りは途中ですっかり飽きてしまい大きな声は出すわ、ぐずるわで、参りました。「もうおりるう〜」と暴れるし(飛行機は途中で降りられないんだってば!)、舞は舞で「自転車で帰りたい」とメソメソしてるし(自転車で帰ったら何ヶ月もかかるんだって)。イヤホーンで子供向けの音楽を聴かせていると、いくらかおとなしいので、今度からMDに好きそうな曲を録音して持ってこなくちゃダメだなあと父さんが言うのでした。


その3:機内サービス
 私は年に1回しか飛行機を利用しないので、知りませんでしたが国内便は機内食なくなっちゃったんですねえ。去年と同じ便に乗ったのに、行きはマフィンが1個、帰りに至ってはアメが1個出ただけ。しけていますねよね、ずいいぶん。ちょっと驚きました。


その4:荷物
 荷物はあらかじめホテルに送っておきました。去年は諒が小さくてオムツやら着替えやらでたくさんあって旅行カバン2個おくりましたが、今年はなんだか1個ですみました。手荷物はリュックを父さんがしょい、母さんは肩掛けカバンを持ちました。でも、子どもが寝てしまうと、12kg、14kgの重たい荷物に変身してしまうので、母さんもリュックを買うべきでした、と反省。ベビーカーは持たずに行きましたが、子どもは「抱っこ抱っこ」とすぐ言うし、やはりあった方が便利だったなあ。それと、今回はホテルの敷地が巨大(なんと10万坪)で、部屋からフロントや売店、レストランに行くのにも何百メートルもあるかなくてはならず、子どもを抱っこし、荷物を持っての移動は大変で、子どもふたりが寝てしまったときなど、ベルさんに荷物を運んでもらったりしました。小さな子どもを連れての旅行は体力が必要なのでした。


その5:日焼け
 母さんは色白ってわけではないけれど、日焼けにはめっぽう弱いのです。日焼け止めを塗りたくって海に入りました。何回も塗り直したのに、あまり天気も良くなかったのに、真っ赤になっちゃいました。今年は2ピースの水着でも買おうかなあと思って迷ったけれど、それにしなくて正解!だって、おなかのあたりが真っ赤なんて痛くて絶えられないよねえ。父さんは地が黒い方だけれどやはり真っ赤になってました。子どもは、ろくすっぽ日焼け止めも塗らないのに、赤くならないのは不思議です。うらやましい。


その6:ブセナテラス
今回の旅行で泊まったホテルのすぐ近くに、「ブセナテラス」という去年出来たばかりの超豪華なホテルがありました。泊まってみたかったけれど、予約の時にはすでにいっぱいで取れなかったので、せめてレストランで食事でもと思っていってみました。ブセナ岬の突端にたてられたそのホテルは、大きくてとても豪華!2000年沖縄サミットの会場にもなるそうです。去年泊まった「アリビラ」も良かったけれど、「ブセナ」も魅力的でした。オススメ!!