2002年夏 宮古島避暑日記

8月3日〜7日 4泊5日


夏は毎年沖縄へ出かけていますが、昨年訪れた宮古がとても良かったので、今年も宮古へ行って来ました!

子どもの体調
旅行で一番気がかりなのが子どもの体調です。今回は諒が2週間前に夏風邪を引きましたが長引かずにすみました。舞は体調良好!と思っていたら2日前になって37.8度の熱が!!やられました〜。スノーケリングツアーを申し込んだばかりなのに・・・。これで咳が出て喘息にでもなったら長引くのであわててお医者へ。結局熱が出たのはほんの2、3時間程度、お腹をこわしましたが当日には元気に!ああ、良かった〜。

直行便
東京羽田空港午前7時20分発の直行便を予約していたので、当日は朝4時に起きて5時に自宅を出発。車で出かけて空港のパーキングに預けました。早朝なので道路は空いていて練馬の自宅から1時間で到着。直行便に乗れば羽田から2時間半でもう宮古!
帰りも宮古空港午後7時25分発の直行便で戻りました。

避暑地宮古島
普段の心がけが悪いのでしょうか、今回はお天気に恵まれませんでした。連日曇り時々雨。台風12号の外側の雲が宮古にかかっていたからです。しかし、そのおかげで東京の猛暑から逃れ、避暑が出来たのは良かったような?!気がします。今年の東京は猛暑で38度になる日もあるほどですから。昨年宮古に来たときは、毎日あまりにも暑くて思うように観光も出来ずちょっとしんどかったのですが、今年はそういう意味ではとても余裕。日に当たって体力を消耗することもなく、日焼けで痛い思いをすることもなく・・・。滞在中の気温は27〜29度くらいでした。

来間島にて

1日目
宮古に着くと空港付近は晴れていました。あれ、雨じゃないね。ホテルのチェックインまで時間があるので、レンタカーで来間(くりま)島へ。長崎浜につく頃雨が降ってきました。傘をさして貝拾いをしていると、雨は上がってお日様が出てきました。ううーん、いい感じです〜。続いてムスヌン浜へ。浜をちょっと歩くだけと思ったのに急に大きめの波におそわれ、ズボンがびちょびちょに・・・。今日は波が高いですね。
お昼は丸吉食堂でソーキそば。やっぱり美味しい!その後、宿泊先ホテルブリーズベイマリーナへ。ホテルに着くと子供達は「プール、プール!」とうるさいので、つき合って入ることにしました。諒はさっそくスノーケリングをしています。プールでやっても人の足しか見えないんでしょうけれど。ふふ。


2日目
朝起きてみると雨降りで、おまけにものすごい風が吹いていました。まるでスコールです。はあ・・・今日はリーフエッジスノーケリングを予約していましたが、残念ながら中止に。でもせっかくだからとブループラネットのヤマちゃんがホテルまで会いに来てくれました。わあ、うれし〜。島で出会った方に再会するというのはうれしいものです。ヤマちゃんによると、この天気は台風の影響なのだそう。そうです、台風12号が近くで発生していたのです!ヤマちゃんとホテル前で話しこんでいると雨は上がり、どこかのビーチへ次々と人が出かけて行きます。ええー、雨は上がりましたがお天気良くないのにねー。いったい、どこへ??きっと風の影響の少ない新城(あらぐすく)海岸か吉野海岸でしょうとヤマちゃん。ふーん・・・。
ヤマちゃんと別れてからわが家も新城海岸へ出かけてみました。思ったより人が来ていますねー(といっても東京近くの海の人出とは違います。人影はあくまでも少ないのです。)なるほど、ここは風もあまりなく波もおだやかです。朝のお天気では今日はどこにも出かけられないのかと思っていましたが。ツアーで来ているらしい人たちは浜の近くでスノーケリングやカヤックをしていました。諒はお風呂で覚えたスノーケリングが楽しいらしく、パパとお魚さんを見つて楽しんでいるようです。お姉ちゃんの舞はさすが一年生、スノーケリングはもう大得意です。
お昼はシギラベイカントリーのレストランでバイキング。そのあと仲里熱帯果樹園へ。マンゴーやグアバのフレッシュジュースを飲みました。缶入りのやつとはだいぶ味が違うわねー。本物はおいしい〜!

新城海岸にて

3日目
今日も曇り時々雨の予報。風も強く吹いています。せっかく宮古まで来たのですからおとなりの伊良部島まで渡ることにしました。平良港からカーフェリーで片道25分。車一台往復で3000円でした。乗車人員の料金もこれに含まれています。子供達はお船に乗れて喜んでいます!
伊良部につくと、まず牧山展望台へ。晴れていたらもっと眺めがいいんでしょうねー。曇りでもこんなにすばらしい眺めなのですから!
その後、渡口の浜へ。ここはすごーーくきれいな浜ですね〜。もしかすると今まで行った浜で一番きれいかもしれません!800mも白浜が続いています。子供達は水着に着替えて大はしゃぎ!今日は波が高いからか、私たちの他にはひと組しか来ていません。東京に住む者にとっては「なんてもったいない!」という感覚です。無料のシャワーやトイレもあり便利でした。

伊良部島・渡口の浜

次に飛行訓練中のジャンボジェットが間近に見えるという下地島空港へ。やってます、やってます、タッチ&ゴー!うわー、これはおもしろい!さらに近づいて見ることに。真上をジャンボが通過していきます。とーんでもない迫力です〜!!まるで映画の世界よーん。すっかり興奮してしましました。これは見る価値ありですね!

下地島空港

昼食はてぃだの郷でランチを食べました。きれいな施設ですね。
午後は佐和田の浜、白鳥崎、フナウサギバタナなどを見て回りました。

4日目
子供達がスライダー付きのプールに入りたいと大騒ぎ。一度は連れて行かないと許してもらえそうにないのでドイツ文化村に隣接している室内プールへ。大人500円子ども300円はありがたいです。舞は初めてのスライダーが大変気に入ったようでひとりで何回も滑っています。諒にはちょっと怖いかナーと思いましたが、なんのその。どんどんやっています。親は子供達を横目で監視しつつ勝手に泳いでいました。
午後は待ってました!のリーフエッジスノーケリングです。ブループラネットのヤマちゃんから電話をもらい、今日なら行けそうということです。わーい!場所は新城。パパとママで一つのカヤックに乗り、舞と諒はヤマちゃんと乗りました。「お父さんとお母さん、2回目だから漕ぐの上手くなってますよー。」とヤマちゃんにおだてられつつ沖へ。今日の透明度は抜群というリーフエッジはうわあ〜本当にきれいきれい!珊瑚がこんなに〜!熱帯魚もいっぱーい!舞は7歳なのでスノーケルを使うのも上手で心配有りませんが、問題は5歳の諒です。いったいどの程度出来るのやら・・・。しかし!!お風呂で練習した甲斐があってか、とても上手になっていたのです!親も驚きましたー。昨年はちっとも出来なかったのにねー。子どもは成長するものです。マスクに水が入ってもちゃんと自分で抜いてるし、鼻歌まで歌ってるし。ははは。疲れたらカヤックに乗ろうねと引っぱってもらっていましたが、その必要はなかったようです。一度もカヤックに乗ることなく、大人と一緒にスノーケリングを楽しみました。東京からはるばる宮古まで来た甲斐がありました!こんなチビ達を引き受けてくれるツアーはないので本当にありがたかったです〜、ヤマちゃんお世話になりました!


5日目
帰りの飛行機は夜7時25分なのでそれまで遊ぶことに。来間と新城海岸へ行きました。来間ではマンゴーを買い(1s1200円)、実家にも送りました。新城で舞は星砂を拾って大喜びです。ペットボトルに海岸の砂を入れて持って帰ることにしました。諒はスノーケリングをしていたらお魚に足をつつかれたと大さわぎ。帰りがけに吉野海岸も行ってみようと思ったのですが、すでに駐車スペースはいっぱいでした。残念!

宮古島はいつ来ても本当にいいところです!美しい自然はたくさんあるし、生活するには便利だし(平良市に行けば不自由はしません)。こんな所で生活がしたいなあ・・・と思いつつ後にしたのでした。(ママ記)