直線上に配置

蓬田岳オートキャンプ場


所在地 福島県石川郡平田村大字蓬田新田岳295−1
電話番号 0247−55−3733
アクセス 磐越自動車道・小野ICを下りて国道49号に出たら郡山方面へ。
サイト 砂地・芝生
イン/アウト 13:00/12:00
開設期間 4〜11月
施設 オートキャンプサイト 33区画(うち電源付 7区画)
平均サイト面積 10×9m
炊事棟 1棟 他水道多数
トイレ  1カ所(きれい)
お風呂 露天風呂(無料)
売店   燃料、雑貨、食料品など
料金 1サイト 3000円 入場料大人800円、子ども400円
その他 建築廃材の薪が無料でもらえる。

蓬田岳オートキャンプ場〜2泊3日

 恒例となったパパの会社の方達とのキャンプ。今回は6組総勢16名で行ってきました。
 朝、6時に自宅出発。途中少々渋滞もありましたが、思ったほどではありません。現地近くの差塩パーキングエリアで皆さんと待ち合わせ。小野インターを下りまずはスーパーで食材を買いだし。お昼はラーメン屋さんによりました。
 到着後はみんなで設営。ママは風邪が治ったばかりで病み上がりのせいか頭痛が・・・。風邪薬を飲んでちょっと休憩。スミマセン。・・・!車中で休憩している間に、テントもリビングの設営が終わっていました〜。申し訳ございませーん。
 
 今回参加の子供は5歳から4年生までの5人。5人もいると大はしゃぎで遊んでいます。走り回っていたかと思うとテントの中でUNOをやっていたり。うちの子どもは5歳と7歳で小さい方から1番目と2番目なのですが、4年生のさえちゃんが面倒を見てくれて親はほとんど世話をやかなくてOK!。大勢で来るとこれがいいよね。
 1日目の夕食は、スペアリブの梅酒煮、牛タンの塩釜、そのほか炭火焼きいろいろ。梅酒煮はよしえさんが実家でとれた梅をつけてつくったというとてもおいしい梅が入っていました。お肉もすごーく柔らかくなっていておいしかった!塩釜は今回初挑戦でどうなることかと思いましたが(うちのパパが作ったので)、これがなかなかおいしい!!
牛タン塩釜

 子供達にまず食事をさせて、その後大人タイムにしたのですが、ママ達は座っているとパパ達からお料理がどんどん運ばれてくるので、夜はたいへん優雅?でした。
 2日目、子供達はけんちゃんパパとよしえさんといっしょに近くの公園へ。キャンプ場から少し上がったところに大きな公園があるのです。アスレチックもけっこう充実していたとか。舞はどうもはしゃぎすぎたらしく咳が出てしまいました。(喘息の子は走ったりするとこうなります。)まあ、よくあることです。
 私は子供達を預けているすきにのんびりプリンなんて作ってみました。お砂糖の量が計れないので目分量で・・・。目分量で作るのははじめてで、ちょっと不安〜でしたが、まあ、なんとか普通に出来たかな。子供達が帰ってから喜んで食べてくれたのでよかった!
 夜になっての大人タイムは、女性陣は日本酒と梅酒でもりあがりました。ふふ。今回参加の家族はわが家と同じ共稼ぎ世帯なので話が合いますし。私と腰を痛めてしまっているそうちゃんママの他の方はかなりお酒がいけるようでした〜。 
 夜中は風が強く、なんども風の音で目が覚めました。舞は、昼間あんまりはしゃいだおかげで夜になったら、キューキューと気管支がなり軽い発作を起こしてるし。しまった、吸入器を持って来てない!でも、明け方聞いたら音はなくなっていました。ほっ。
 撤収の日の朝は雨が降っていました。雨撤収はいやだなあー、と思っていたら、うまい具合に撤収タイムになると、やんでくれました。しかし、今度は風が・・・!!かなり強く吹いています。タープやテントをたたむの苦労しました〜。特にそうちゃんパパが持ってきてくれたLサイズのレクタングラーはすごーく大きくて、風を思いっきり受けてしまうので5人がかりで大変でしたね。
巨大リビング

 今回は風、雨、砂(サイトが砂地)との戦いキャンプになりました。キャンプは自然が相手なのでいろいろあります。風は津南(新潟)に行ったときに経験しましたが、あの時は本気で帰ろうかと思ったほどでしたので、今回はまだましだったかな。みんなで出かけられて良かったし、おいしい物もいろいろ作ってもらったし、楽しかったです!みなさん、お世話になりました。(ママ記)

  (Special Thanks to HASSY Photo Lab.)

アイコンキャンプ日誌 アイコンわが家のグッズ
直線上に配置